MSP(マネージドサービスプロバイダ)とは

「マネージドサービス」または「マネジメントサービス」は、企業が特定のサービスを専門企業にアウトソーシングするという概念です。

マネージドサービスプロバイダ(MSP:Managed Service Provider)は、ネットワークやサーバーなどITシステムの保守・運用・監視を代行する事業者を指します。

なぜMSPが必要なのか

ITシステムを利用していれば、その保守・運用・監視は必ず必要になる業務ですが、ITの需要が増加しているなか、すべての企業がITに詳しい人材を十分に確保することは不可能です。

安定したサービス提供のため、企業はITシステムの保守・運用・監視を外部に委託することとなり、MSPが注目されるようになりました。

最大のメリットは、インハウスでの技術者の採用・育成が不要になることです。

さらに、MSPにはノウハウが蓄積されているため、ログ分析によるシステム障害の予兆検知やセキュリティ対策の強化など、高品質なシステム運用が見込めます。

また、MSPはITシステムの保守・運用・監視を専業で行っているため、インハウス体制では難しい24時間365日の対応も実現できます。

MSPが行うこと

MSPは契約した企業に対して以下のようなサービスを提供します。

MSPの課題

① クライアントの管理

MSPは複数の企業にサービスを提供します。

企業ごとに契約内容や担当者を記録する必要がありますし、対応窓口を作成し対応履歴も保管しなければなりません。

そのためMSPでは、自社のサービスを充実させるとともに、クライアントとなる企業の管理が重要になります。

② SLAの管理

MSPがサービスを提供する際、あらかじめ管理するIT資産の範囲や稼働率などのサービスレベルとそれに見合ったコストについて、クライアントと合意のもとに決定します。

このサービスレベル合意 (SLA:Service Level Agreement)はクライアントごとに個別に締結するため、クライアントが増加するたびに、管理するSLAも増加します。

また、SLAは契約時に一度合意したきり、変化しないというものではありません。サービス期間が長期化すれば、管理するSLAの数や更新頻度も増加していきます。

加えて提供しているサービスレベルがSLAに違反していないかを確認する必要もあります。

多数のSLAを管理・更新し、違反を監視することは、MSPの負担となります。

③クライアントのIT資産管理

MSPで、クライアントのIT資産を管理する場合、クライアントごとにハードウェア、ソフトウェア、ライセンスなどすべてのIT資産を登録する必要があります。

さらに、どのハードウェアに、どのソフトウェアがインストールされ、どのようなライセンス状態で利用されているかといった、それぞれの関連性まで把握しなければなりません。

1つの企業のIT資産管理 を行うだけでも、人力では困難な作業になります。複数のクライアントのIT資産を管理するMSPには、優れたIT資産管理ツールの導入が必要不可欠です。

FreshserviceがMSPの運営を支援

Freshservice はIT資産管理やSLA管理などの機能を備えた、ITIL 準拠のITSMSです。

MSPモードに切り替えることで、優れたITSMSとしての機能を利用してMSPの運営を支援します。

複数のクライアントの管理

Freshserviceは、単一のプラットフォームからすべてのクライアントを管理します。

サービスを提供するすべての企業を登録し、契約内容や担当者の連絡先を管理することができます。

複数のクライアントを管理

複数のSLAを作成・管理し自動で違反を検知

Freshserviceでは、クライアントに合わせて複数のSLAを作成でき、個別に更新することが可能です。

また自動でサービス品質保証(SLA)に対するパフォーマンスをトラッキングし、サービス品質保証(SLA)に違反があった際には通知を行います。

複数のSLAをまとめて管理

クライアントの全てのIT資産を自動で検出し一元管理

FreshserviceはITIL準拠の優れたITSMSとして、企業のIT資産管理の効率化を支援します。

ディスカバリ機能によって、ネットワーク内のすべてのIT資産をスキャンすることで、組織内のあらゆる資産の種類、バージョン、更新履歴を自動で取得・更新します。

MSPモードにおいても、同様にクライアント企業で利用されているソフトウェア・ハードウェア・ライセンスの詳細を自動で検出し、クライアントごとに管理することができます。

ディスカバリ機能ですべてのIT資産を自動で発見