全機能 ITサービスマネジメント(ITSM) 問題管理

単純な自動化で問題対応

特定の条件を事前に定義して、早期クローズ・ステータス変更・問題に関連するインシデントに関する相談を行います。

根本原因分析で可視性を提供

根本原因の解析を実行し、ポータル内でその影響・症状・ソリューション・迂回措置の進行状況をモニタリングします。

クイック分析でサービスデスク内における問題発生までのイベントを確認しましょう。

既知のエラーデータベースで透明性を促進

問題を既存のインシデント・変更・リリースにリンクして、ダウンタイムやサービスの中断を前もって計画します。

修正を公表すると共に問題を既知のエラーとしてマークして解決の重複を防ぎ、エージェントが対応するチケットにコンテキストを持たせます。

迂回措置とソリューションでインシデントを防止

単一画面から問題に対する新規ソリューションを手軽に作成し、すぐに確認できる迂回措置やソリューションのリンクを添付します。