全機能 ITプロジェクト管理

企画から実行まで、プロジェクト全体を把握

 新規プロジェクトは一から・チケット・変更から作成可能で、全ITプロジェクトをサービスデスク内で計画できます。 複数のチケット・変更・資産をプロジェクトに関連付けつつプロジェクトを最初から最後まで優先付け・管理・トラッキングします。

プロジェクトを複数レベルのタスクに分類して簡単に割り当て

タスク管理では、個々の所有者やサービスデスクチーム外の人物や限定プロジェクト権限を持つエージェントのような共同作業者にも簡単に割り当てることができるタスクと内蔵サブタスクにプロジェクトを分割できます。

誰が何に取り組んでいるかをトラッキングし、全依存サブタスクが完了した場合にのみタスク完了が可能となります。 異なるタイムラインではなく、単一の期限に向けてチームで協力しましょう。

プロジェクトの進捗状況を完全把握

Freshserviceのリアルタイムプロジェクトダッシュボードでは、一目で最初から最後までのプロジェクト進捗状況トラッキングが可能です。 プロジェクト・所有者・完了率・展開期限など、必要な詳細情報を単一ウィンドウで簡単に表示できます。

プロジェクト内で発生したすべてのことを記録およびトラッキングするアクティビティログで進捗状況を細かくモニタリングしましょう。 プロジェクトの進捗状況を把握できるトラッキングメーターで期限違反を常に把握します。

チーム間でコラボレーション・アイデアのブレインストーミング・コンテキスト共有

込み入った会話やプロジェクトやそのタスクについてのコメント追加で、周りに何が起こっているのかを知らせたり、チーム内でアイデア交換をしたりします。

よりコンテキストを豊富にするには、プロジェクトへ研究文書・製品要件文書・特定の懸念についてのメモといったファイルやリンクを添付してください。

関連付けられているチケット・変更・資産の最新状況を把握

1つのサービスデスク内システムからプロジェクトに関連するすべてのチケット・変更・資産のトラッキングと管理を行います。 統合モジュールでプロジェクトをより良く計画し、ポータルの単一ウィンドウからそれらの全依存関係と関係を管理しましょう。

全ステークホルダーに関連するイベントの可視性が向上することでビジネスにおけるプロジェクトの影響を知ることができ、情報に基づいた決定とビジネス目標に一致させるための明確性が高まります。

インシデント管理に必要な全て

アラート

 異なる営業時間やチケットタイプとチケットグループに基づいてタスク期限を作成する複数サービス品質保証(SLA)方針を設定し、時間内に解決できるようにします。

タスクのフィルタ機能

 内蔵した満足度アンケートをチケット解決時に従業員へ自動送信してサービス向上を促します。

ウォッチャー

サービスデスクダッシュボードのカレンダービューを活用して日々のタスクをしっかり管理します。 自動通知とリマインダーを活用してその日に期日を迎えるものと期日制限のあるものを簡単に管理しましょう。