ITオペレーションマネジメント(IT運用管理・ITOM)とは

IT運用管理(ITOM:Information Technology Operations Management)とは、組織内のITシステムが円滑に稼働するよう、運用・メンテナンスを行うことを指します。

また、ITシステムの運用を最適化することを目的として、IT部門の業務改善も行います。

ITSMとITOM

IT部門の管理プロセスとして、ITOMはITSM と混同されることが多いです。

ITSM(IT Service Management)とは、ITサービスの計画~改善の工程を管理する考え方やその仕組みのことで、ユーザーのニーズを満たし、サービスの利便性を向上させることを目的として取り組まれます。

ITOMで行うITシステム運用の最適化は、ITSMの活動を強化するという役割を担うもので、組織がITSMを次のステップへ進めたいという場合にITOMに取り組み始めることになります。

ITOMの管理項目

米国IT業界の権威、ガートナーグループが公開しているIT用語集にて、ITOMは以下の項目を管理する必要があるとされています。

中でも、ITOMの中心となり特に重要な管理項目が「IT資産管理」と「構成管理(CMDB )」です。

 

 IT資産管理

資産の正確な状態を把握し管理することは、ITOMの最初の一歩です。

IT資産管理では、ハードウェア・ソフトウェア ・ライセンス のすべてを統合的に管理する必要があります。

管理する対象が膨大なうえ、どのPCにどのソフトウェアがインストールされているのか、ライセンスの形態や期限はいつまでかなど、これらの管理項目同士には密接な関わりがあります。

そのため、これらの資産を一元管理できるツールの導入が必要不可欠です。

 

構成管理(CMDB)

ITOMによる業務の改善を行ううえで、構成管理は重要な役割を果たします。

不慮のトラブルが発生した場合に、情報システム部門の担当者は、その原因と影響範囲を迅速に特定する必要があります。

例えば、一つのソフトウェアに異常が検出されただけであっても、ソフトウェアは様々な機器やシステムと連動しているため、思いもよらぬところに影響が及んでいる可能性があります。この影響を全て、人力で特定することは困難です。

構成管理でCIの情報とCI間の関係が明確になっていれば、影響範囲を素早く特定できます。

トラブルの原因と影響範囲の特定は、対応の迅速化に役立つだけでなく、類似したトラブルの再発防止や、対応手順の効率化にもつながります。

FreshserviceでITOMとITSM双方に対応

freshserviceは、IT資産管理や構成管理をはじめ、インシデント管理 ・サービス要求管理 ・変更管理 ・リリース管理 などサービスデスクに必要なあらゆる管理機能を備えた、ITOM対応のITSMSです。

ITIL準拠ながら、月額$49 ~の低コスト。

21日間の無料トライアル期間では、Freshserviceの全機能をお試しいただけます。

全てのIT資産を一元管理

Freshserviceは、ソフトウェア・ハードウェア・ライセンスすべてのIT資産を一元管理。管理者を面倒なエクセル更新作業から開放します。

全てのIT資産の利用頻度をトラッキングすることで、あまり利用されていないソフトウェアなどの不要な資産を回収し、別のユーザーへの再配布を容易にします。

IT資産の最適な配分は、ITOMが求める業務の効率化に直結します。

IT資産を一元管理

CIを自動検出し、資産同士の関連性を可視化

Freshserviceは、自動化されたCMDBを備えたツールです。

ディスカバリプローブが自動で社内のIT資産を特定し、CI情報やCI間の関係を自動的に検知。CI情報の登録や更新の手間なく、IT資産の関連性を可視化します。

ディスカバリプローブを活用すれば、誰でも最小限のトレーニングで、CMDBの構築・運用が可能です。

IT資産の構成管理と資産管理の両方に対応

Freshserviceのお客様の声

10,000社を超えるお客様から信頼されるITサービスソフトウェア