CMDBとは?

構成管理データベース(CMDB)は多くの場合「ITSMシステムの中心」とも呼ばれます。CMDBはデータの倉庫として機能するリポジトリであり、ITサービスの提供に使用されるコンポーネントであるIT環境に関する情報を格納しているのです。CMDBに格納されるデータには、資産のリスト(構成アイテム)と、資産間の関係が含まれています。CMDBとそれを取り巻く構成管理プロセスは、現代のIT運用の中核を成しており、多様なITコンポーネントに関するデータを(機器の普及規模に関わらず)一元管理できるようになりました。CMDBは、インシデント管理・変更管理・問題管理などのサービス管理プロセスを実行する際に組織を支援するものです。また、組織が提供するITサービスのコスト、品質、およびパフォーマンスを向上させるための情報を必要とする意思決定者にとっても不可欠なリソースです。

cmdb-image

CMDBの進化

ITインフラストラクチャライブラリ(ITIL)は、ITサービスの提供に必要なコンポーネントである構成アイテム(CI)に関する情報を維持することを目的に、サービス資産および構成管理の一連のプロセスを記述します。ITILサービス資産および構成管理の一部として管理される情報には、アイテムのリストだけでなく、アイテム間の関係も含まれています。ITILは、複数の物理CMDBにまたがる論理データモデルとしての構成管理システム(CMS)として資産および構成管理をサポートするために必要な、基盤となる技術的な機能を示しているのです。

企業がアジャイルやDevOpsのような新しいプロセスを採用するにつれ、CMDBはIT部門の従業員が運用環境を理解し、問題や変更などについてリアルタイムで意思決定できるようにする上での役割を拡大していくことになります。企業は、クラウドインフラストラクチャとSaaSの普及に伴い、現代のハイブリッドIT環境の全体像を維持するため、より多くの外部データソースをCMDBに統合する必要があります。また多くの企業が、デジタル変革イニシアチブやデジタルビジネスプロセスを支援するため、CMDBのコンテキストでデータ資産を管理する新しい方法を検討し始めています。

将来的には、CMDBはIT運用だけでなく、(デジタル化された企業で)ビジネス運用においても、より大きな役割を果たすようになります。現在のニーズをサポートするだけでなく、企業の成長やビジネス環境の変化に合わせて拡張できる、適切なCMDBソリューションを構築することが重要です。

ITILの構成管理

CMDBは当初、手動で収集されたIT資産インベントリデータのリポジトリとして作成されました。ITSMプロセスが成熟し、検出ツールなどのテクノロジーによって収集プロセスの自動化が可能になるにつれて、CMDBの役割は拡大していき、今となってはほとんどの企業のITSMソリューションの中核部分となっています。CMDBの役割は、サービス管理やその他ITプロセスの進化に常に対応しており、今後も継続して進化していくでしょう。

CMDBの仕組み

CMDBは、情報と関係のリストを格納するリポジトリ(データベース)です。CMDBをユニークかつ価値あるものにしているのは、CMDBに含まれるデータです。構成アイテムとそれに付随する属性、およびそれらの関係のリストは、物理IT環境内に存在する結合組織を示しています。CMDBは、多くの場合、大規模なITサービスマネジメント(ITSM)プラットフォームまたは一連の機能の一部として提供されています。これには、CMDBにデータを取り込むためのツール(検出ツールやデータインポートツールなど)や、CMDBからデータを消費するためのツール(チケット作成ツール、変更管理システム、レポート機能など)が含まれている可能性があります。

CMDBは、IT資産やその他の構成アイテムに関する情報を、ユーザーがアクセスできる共通の場所に保存する共通の場所を提供することで機能します。通常、このデータは複数のソースから取得されるため、CMDBなしでIT環境の完全で正確な全体像をまとめることは非常に困難です。検出ツールとデータインポートツールは、通常、IT環境内の構成アイテムを識別してCMDBに取り込むために使用されます。一部の組織では、CMDBデータの更新に手動インベントリと監査を使用しています。さまざまなソースのデータがCMDBにロード(または状況の変化に応じて更新)されると、その情報を利用する必要のあるツールやプロセスによって、統一された一貫性のある方法で情報にアクセスできるようになります。

CMDBから直接構成データにアクセスすることはまれです。これは、大量のデータが存在していることに加え、そのデータが格納されている形式が原因です。行と列から成る多くのデータを解釈するのは簡単なことではありません。ここで役に立つのが他のITSMツールとレポート機能なのです。これらのツールは、CMDB内のデータにアクセスし、データをソート及びフィルタリングして、解決しようとしている運用上またはビジネス上の問題により適した形式でユーザーに情報を提示します。

CMDB使用の長所と短所

他のテクノロジー同様、CMDBを使用することには長所と短所があります。初期のCMDBの実装(数十年前)は非常にコストがかかり、保守が面倒で、使用も困難でしたが、現在では、ほとんどの企業のITSMソリューションで最新のCMDBがコア機能となっています。CMDBを使用する主な長所は次のとおりです:

CMDBにも欠点はあります。大量の構成データを作成、保守、および効果的に使用するには、技術的なリソースと、品質と価値を確保するために必要な人的注意の両方にコストがかかるのです。CMDBを使用する上での主な欠点は、次のとおりです:

データの取得と保管コスト

CMDBには、他のソースシステムからのデータのコピーが含まれていることが多くあります。企業が成長し、進化するにつれて、データセットは非常に大きくなっていきます。CMDBは、ITにおける最大のデータリポジトリの1つとなってしまうでしょう。

データの最新性と関連性の維持

IT環境は常に変化しています。そのため、CMDBは、環境に導入される新しい資産、除却/廃棄された資産の削除、既存の資産の変更を行い最新の状態を維持する必要があります。

データの操作性

CMDBの価値は、データを保持することではなく、使用することによってもたらされます。CMDBデータを効果的に使用するには、操作の一環として構成データを使用するためのツール(ITSMアプリケーションやレポートシステムなど)、データ分析スキル(データの整理と精査を行う)およびプロセスが必要になる場合があります。

CMDBと資産管理の比較

ITSMにおける構成管理と資産管理の違いについては、多くの混乱が生じます。構成管理とCMDBは、IT環境内に資産が存在している間、資産の管理に使用されるデータに重点を置いています。これには、サービスや資産がどのようなコンポーネントで構成されているか、何のために使用されているか、他の資産やサービスとどのように関連しているかを理解することが含まれます。一方、資産管理は、資産のエンドツーエンドのライフサイクルを管理するために使用される一連のプロセスです。資産管理プロセスには、多くの場合、調達や購入、ソフトウェアライセンス管理、資産評価、テクノロジー更新プロセスなどが含まれます。

CMDBは、効果的な資産管理プロセスを実現するための重要なツールです。CMDBは、組織が管理するIT資産の完全かつ正確なビューを提供することを目的としています。これにより、各資産を個別に管理するのではなく、資産ポートフォリオ内の資産を管理できるようになるのです。

その他ITSM資料